コロナで経済的影響を受けている方へ~知らなきゃ損する制度~ 2020年5月13日

 

こんにちは!Koshiです。

今回は特別貸付について書こうと思います。

 

コロナで影響を受けている人達

知人達の行動を見てますと結構行うべき制度などを知らない人が多いと感じました。

「これから収入が無くなったらどうしよう」
「既に収入が減って厳しい」

そんな人が今物凄く多いと思います。

ご飯を食べれなくなったらどうしようという声まで聞こえてきました…。

事業主への貸付だったり助成金の説明は結構書いてあるけど、個人のものって中々見つけにくいですよね…。

そもそも事業主にお金が渡ったとして、都心のテナントですと100万以上の家賃の所なんてザラにありますし、従業員の保証までしてくれるかどうかも事業主次第です。
悪い方だと補助金など入るのに従業員に払わない方もいるでしょう。
バイトの方なんて一円ももらえない方もいるかと思います。

この状況の中、一人暮らしのフリーターや家庭を持っていて失業した人はどうしたらいいのか。

貯金が無い人はどうしたらいいのかということを思い、僕自信直接支援してる所を探したりして問い合わせしてみました。

 

社会福祉協議会で小口貸付の申請

まず問い合わせたのは社会福祉協議会という所で「緊急小口貸付」を行っている制度について申し込みなどのやり方を教えてもらいました。

これは今回のコロナウイルスの影響により失業したり、著しく収入が現象した方へ一時的に無利子で貸付を行ってくれるものになります。

給付金も今すぐには入らないですし、とにかく今お金が無いと苦しいという方はすぐにこちらに相談してみて下さい!

詳細と地域の検索の仕方を載せておきますね!

 

 

自分の地域の検索方法

検索はGoogleやYahooで「住んでる地域名」と「⽣活福祉資⾦制度」や「福祉協議会」などを入れて検索すると出てくるかと思います!

例:【渋谷 福祉協議会】など

 

↓↓↓各福祉協議会連絡先URL↓↓↓

https://www.shakyo.or.jp/network/kenshakyo/index.html

 

フードバンク

また、僕が直接福祉協議会の方に話を聞かせて頂いたのですが、『フードバンク』という食べ物を支援している団体があることも知りました。

こちらは餓死などを無くし、生活が苦しい世帯へ食品をお届けしている団体だそうで、寄付して頂いた食材などを困っている方へ配送をしてくれています。

ご飯が食べれないかもしれないという所まで切羽詰まりそうな予測がつく方はこちらも利用頂いた方が良いかと思います!

↓↓↓フードバンクについて↓↓↓

https://www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp/resource/recycle/tokyo_torikumi/torikumi/foodbank.html

 

まとめ

本当に苦しい状況の方も既に出てきているかと思います。
ですが最低限の生活をできるような補助する制度はございます。

わからない方でもスマホで検索すると出てきますので頑張って調べて行動してみてくださいね。

皆でこの不況を乗り越えて復興していきましょう!

 

Twitterもやってますのでよければフォロー宜しくお願いします♪

ここをタップしてフォローしてね♪

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA